高血圧症に対する治療薬としてACE阻害薬が用いられることがあります。
このACE阻害薬はアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害することで血圧上昇作用を持つアンジオテンシンIIの生成を抑制して血圧を下げる特徴があります。
以下に具体的なACE阻害薬の作用効果の特徴について挙げます。

身体にはアンジオテンシンIIという物質があり、血管を収縮させたり副腎皮質に作用してアルドステロンというホルモンの分泌を促す働きがあります。
そしてアルドステロンは腎臓においてナトリウムの再吸収を促す働きをしており、ナトリウムの再吸収が促されることによって相対的に循環血液量が増加するとともに心拍出量や末梢血管抵抗も増加して血圧上昇が生じてきます。

そもそもアンジオテンシンIIというのはアンジオテンシンIがアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きによって生成されるものです。
したがってアンジオテンシンIからアンジオテンシンIIへ変換される過程でアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害すればアンジオテンシンIIの生成が抑制されるため、結果として血管拡張の促しやアルドステロンの分泌が抑制されて血圧が下がることに繋がります。
また血管拡張が促されると循環血液量や心拍出量が減少して心臓や腎臓への負担を軽減する作用ももたらすことからACE阻害薬は血圧を下げる作用に加えて心不全に対する改善効果も期待できる治療薬となっています。

このような作用効果を特徴とするACE阻害薬には幾つかの種類があります。
一般的に用いられることがある治療薬としては例えばエースコール、レニベース、ロンゲスが挙げられます。
ちなみにそれぞれの治療薬の特徴としてエースコールは主に腎性高血圧症に対して、レニベースは慢性心不全や腎性高血圧症に、そしてロンゲスは本態性高血圧症や腎性高血圧症などで用いられることがあります。
なおACE阻害薬は上記のような作用機序で高血圧症の治療において効果を発揮していきますが、一方で場合によっては副作用が現れる可能性はあります。

ACE阻害薬の副作用は?

ACE阻害薬は高血圧症を解消する他に、心不全や腎障害・糖尿病性腎症の治療にも有用です。
一方、よく効く薬には必ず副作用が存在するように、ACE阻害薬にも副作用はあります。最も多く見られる症状が「空咳」です。

副作用が起こる仕組みを見ていきます。
アンジオテンシン変換酵素阻害薬を投与することにより、まずアンジオテンシンIIが作られなくなり、血圧は下がります。
しかし、ブラジキニンの分解も同時に抑制されるため、ブラジキニンの濃度が高くなった結果、副作用の空咳が発生します。
それに加えて、ブラジキニンの分解を不活性化する作用まで持っています。これにより、空咳だけでなく血管浮腫も発現してしまいます。

これらの症状は、その安全性から高血圧症の治療に第一選択されることの多いロンゲス、レニベース、エースコールといった製品でもれなく見られる現象です。
ただ、ACE阻害薬の多くは腎排泄型であり、肝機能が低下している患者においては副作用が出にくいと考えられています。

空咳の副作用が出る頻度は1~10%と言われますが、悪化するケースは少ないです。
あまりに強い場合は医師に相談した方が良いでしょう。
また、薬の効果が強く出過ぎると血圧が極端に下がり、強いめまいや立ちくらみを起こす場合があります。
特に高齢の方や、他の薬と併用している方は注意するべきです。

この他、腎臓に疾患を抱えている場合、飲み始めに腎機能が一時的に悪化する時があります。
このケースの場合は、高カリウム血症にも注意が必要です。
定期的に血液検査を受けて、重症化する前に予防するよう心がけてください。薬の飲み始めの時期は、血管浮腫も発症しやすくなります。
顔や口の中・喉が腫れて、息がしにくくなった際にはすみやかに医師の診断を受けるようにしましょう。