バイエル薬品株式会社が販売するアダラートは、ニフェジピンを主成分としたカルシウム拮抗薬に分類される薬で、本態性高血圧症・腎性高血圧症や狭心症の治療に用いられています。
アダラートには錠剤タイプとカプセルタイプの2種類があり、どちらにも血圧を下げる作用と胸を締め付けるような痛みを改善・予防する作用があります。
また、主な副作用としては、頭痛・頭重感・顔面潮紅・顔のほてり・動悸・便秘・浮腫・頻脈・黄疸・胸部痛・上腹部痛・発疹・かゆみ・光線過敏症・紫斑・歯肉肥厚・貧血・呼吸困難・女性化乳房等が判明しています。
このような症状が見られた場合には、担当の医師または薬剤師に相談するように心がけましょう。

血圧が上昇する要因となるのが血管の収縮です。
血管が収縮すると血管内を流れる血液の量が減り、それまでと同じ量の血液を送り出す為にはより力強く血液を押し出すことが必要となるので、血圧が上昇してしまうというわけです。
そして、カルシウムと血管の収縮には密接な関係があって、血管内にあるカルシウムの受容体にカルシウムが入り込んでくることで血管が縮まります。
このような機序で血管が収縮する為、高血圧患者ではその分だけ血圧が高くなってしまいます。
つまり、カルシウムが流入しないようにすることで血管が収縮しなくなるので、血圧の上昇が抑えられるようになるというわけです。
そうして血圧を下げる効果を発揮するのがアダラート等のカルシウム拮抗薬です。

アダラートをはじめとするカルシウム拮抗薬は、脳・心臓・腎臓といった全身の血管を拡張させる作用がある為、血圧を下げる効果が高いという特徴があります。
ニフェジピンを主成分とするアダラートは、心臓に栄養を届ける為の血管に対して特に高い効果を発揮します。
そのため、狭心症の治療薬として用いられることも多いのです。
このように、アダラートは高血圧症や狭心症に強力な効果を発揮してくれるので、今後は更なる注目を集めることが予測されます。

アダラートの服用量と服用方法

バイエル薬品株式会社は様々な種類の錠剤がありますが、アダラートはニフェジピンを主な成分としたカルシウム拮抗約に分類される薬です。
狭心症や高血圧症に強力に効くアダラートの服用方法と服用量としましては、ニフェジピンとして成人は一回2カプセルを1日3回服用します。
またアダラートをかみ砕いたりしてはいけません。かみ砕いて飲んでしまうと、血中濃度が高くなります。
そして血圧が急に低くなってしまいます。副作用としましては、頭痛やめまい、かゆみなどです。

ニフェジピンを主な成分とするアダラートは、心臓に栄養を送るための血管に非常に大きな効果を発揮します。
なので、狭心症の治療薬として使われることも多くあります。
アダラートを使用する上での注意点としては、以前、薬を使用して発疹やかゆみというアレルギー症状が出たことがある方、過度に血圧が低い方、腎臓機能障害の方、妊婦または授乳中の方は注意した方が良いでしょう。

また、アダラートを医師の指示なしに自分の判断で飲むのをやめないでください。
そして間違って多く飲んでしまった場合には、医者や薬剤師に相談しましょう。
飲み忘れた場合でも気が付いた時点で一回飲みましょう。
ただし、次に服用する時間は近くなった場合は、忘れた分は飲まず、次の服用する時間に飲んでください。
絶対に2回分を一度で飲んでしまうのは、危険ですのでやめましょう。

そしてグレープフルーツジュースはアダラートの作用を強めてしまう場合もあるので、同時での服用はやめましょう。

保管方法としましては、小児や乳幼児の手の届かないところで、光や湿気を避けておきましょう。
高血圧や狭心症で悩んでいる方は、アダラートを使ってみるのも良いのではないでしょうか?