妊娠をした女性の体調は、これまでとは異なる様々な変化をします。
多くの人が知っているものとしては、つわりや腰痛があるでしょう。
その他にも、便秘や下痢、歯周病が悪化するなどの体調変化が見られることもあります。
そんな中の一つとして、「妊娠高血圧症候群」があります。
妊娠高血圧症候群は母体はもちろんのこと、胎児にも影響するものですので、適切な対処が必要となります。

まず、妊娠高血圧症候群は妊娠中に何らかの原因で高血圧もしくは高血圧と蛋白尿の両方の症状が見られる状態を指します。
妊娠中毒症と呼ばれることもあります。
妊娠20週目以降、分娩後12週までに起こるものを定義としています。
なお、妊娠20週から32週未満で発症した場合を早発型、妊娠32週以降に発症した場合を遅発型と分類しています。

実は、妊娠高血圧症候群の原因ははっきりと解明されているわけではありません。
しかし、年齢が40歳以上で肥満体型、甲状腺機能障害や糖尿病、高血圧などの症状が見られる場合、遺伝の影響も考えられるため母親が妊娠高血圧症候群を発症していたという場合には、発症のリスクが高くなりますので、注意が必要でしょう。

妊娠高血圧症候群の症状は、高血圧だけではなく、それに伴った頭痛や目眩が起こることもあります。
自覚症状として多いのが、むくみや体重の急激な増加があります。
むくみについては、妊婦の約3割に見られる症状であるために、それが妊娠高血圧症候群が直接的な原因であるかどうかを判断することは難しいことでしょう。

妊娠高血圧症候群では、高血圧だけではなく、蛋白尿が出るという症状も見られるようになります。
症状が悪化すると、合併症のリスクも高まりますので母体だけではなく赤ちゃんへの負担も大きくなり、場合によっては脳や肺、肝臓などの全身に悪影響を及ぼすこともあります。
血圧や蛋白尿の有無を確認することは、早期発見・早期治療に繋がるということが出来ます。

妊娠高血圧症候群は完治するの?赤ちゃんに影響は

妊娠高血圧症候群の治療方法としては、妊娠を中断し、赤ちゃんを産むということになります。
しかし、妊娠34週未満での出産は、赤ちゃんの成長が未熟であるということもあり、入院をし妊娠を継続しながら分娩のタイミングを判断するという事が必要となります。
緊急性がないという場合には、ストレスを避け安静にするという生活をおくりつつ、食事療法を行うことになります。

食事療法に加えて必要に応じて、血圧を抑える降圧薬、子癇発作を予防するための硫酸マグネシウムの投与が行われることもあります。
症状にもよりますが、胎児が危険にさらされる可能性があるという場合には、入院や早期出産を行う場合もあります。

子癇発作という急激な高血圧により、脳の血液量が増えることで痙攣を引き起こす症状が見られた場合、赤ちゃんに大きな影響が見られることがあります。
子癇発作が起こる前には、頭痛や視覚障害という症状が見られることもあります。

通常、出産をし胎盤が母体から出れば、妊娠高血圧症候群の症状は改善されていきます。
しかし、症状が重症であった場合には出産後も血圧が高い状態が続いたり、蛋白尿が見られることがあります。
このような場合には、他の病気の有無を確かめた上で、治療を継続していくことになるでしょう。

妊娠高血圧症候群は遺伝の影響を受ける可能性が高いと言われていますが、必ずしも発症するというわけではありません。
また、1人目のときは大丈夫でも2人目の妊娠の時に症状が見られるという場合もあります。
妊娠高血圧症候群を発症するかどうかは、妊娠中の過ごし方に影響を受けるともされていますので、規則正しい生活を心掛けるとともに、少しでも異常が見られた場合には医療機関に相談をすることが大切です。