抗高血圧作用や抗狭心症作用としてよく処方されるアダラートには、ニフェジピンという同じ成分で作成されているジェネリック医薬品があります。
ではアダラートとジェネリックは効果が全く同じなのかというと、成分量が同じであれば効果も当然ながら同じだと言えます。
ニフェジピンはアダラートと同じ成分で同じ分量の構成になっていますので、服用して得られる効果に違いは無いものと捉えておいてください。

効果が同じなだけでアダラートよりもニフェジピンのほうが値段が安いので、長期的に高血圧や抗狭心を抑える薬を利用したいと考えているならニフェジピンを選んだほうがお得です。
使用量も変わりませんし、副作用もアダラートで発生しなかったようならニフェジピンで発生する確率は限りなく低いので安心して購入できると言えるでしょう。
どちらも処方箋薬となっていることから病院から薬局を経由して入手するようにしてください。

もしもアダラートやニフェジピンを使用していて副作用が生じた場合には、ノルバスクを初めとする他の降圧薬に切り替えることをおすすめします。
ノルバスクに関しても既にいくつかのジェネリック医薬品が販売されていますので、薬の変更を行ったからと言って医療や健康にかかる毎月の出費が格段に増えるなどという事態にはなりません。
アダラートもノルバスクも副作用があまり起こりくいと医療の現場では言われているのですが、とくにノルバスクは副作用の発生報告が極めて少ないことから薬の切り替えでより重い副作用が生じることが心配だという方でも、比較的気楽に飲用できるようになっています。

従来の薬とジェネリックは、値段や見た目が違うだけで効果はほとんど同じだと認識した上で、病院での診察時にはジェネリックを希望する旨を伝えると良いでしょう。
医師からアダラートを処方すると言われた時にはジェネリックのニフェジピンを希望することで、間違いなく安いほうの薬を出してもらえるからです。

ニフェジピンは病院で処方される?

アダラートと成分量が同じであることも影響していますが、ニフェジピンも基本的には病院で処方される薬となっています。
非常に発生する割合が低いとはいえ副作用が起こる可能性があるため、医師の診断を受けた上で服用しても問題無いと判断された患者にのみ処方箋が書かれるようになっているからです。
アダラートとの違いは値段だけで処方される方法も使用量も同じなのだとイメージしておいてください。

ニフェジピンの副作用としては高血圧や狭心症などがいくら飲んでも改善されないといったものが挙げられます。
低血圧症に似た症状が出る可能性もありますが、高血圧を押さえ込む効果の反動で一時的に血圧が通常値より下がってしまうのだと認識しておけばその後の対処も楽になります。
もしも副作用が生じた際には横になること、薬の服用を中断して即座に病院に連絡を入れることなどを医師から指導されますので、指示に従うように心掛けてください。

では病院以外ではニフェジピンの購入は不可能なのかというと、保険適応外で構わないのなら海外からの個人輸入という形でネット通販から購入することが可能です。
ニフェジピンだけでなくノルバスクも同様に通販で買えることをご記憶ください。
しかし病院で医師の診察の元で処方してもらったほうが、診療代も含めて安くなる場合が多いので個人輸入はジェネリック医薬品最大の魅力である価格の安さが失われてしまいます。
余程の事情がない限り病院で処方してもらうべきです。

病院によってはニフェジピンを一週間分や二週間分だけでなく、一か月分近くを一気に出してもらえるようになっています。
一月の内に何度も病院に通うのが難しいという方でも、薬のみを沢山処方してもらえることもあるでしょう。